eスポーツ種目Counter-Strike: Global Offensive!!

 

「eスポーツの知名度を上げたゲームと言っても、良いのではないか?」と話題にされているほど、名作なFPSゲームCounter-Strike: Global Offensive(以下CS:Go)。Counter-strikeシリーズの最新作になります。

歴代のCounter-strike(以下CS)ファンが多いこと、世界のプロゲーマーの質にも、大会賞金額にも驚くことが多いゲームの1つ。eスポーツのみならず、大会の数も多いことで有名ですね!

「CS:Goは大好きだけどさすがに、世界まで観戦に行けない・・・」なんて嘆くことはありませんよ!eスポーツでも日本の選手、プレイヤーが数々大会を実施しています!臨場感のある、ブースやハイスペックモデルのPCでゲームができるeスポーツ。とても魅力的ですよね!

■Counter-Strike: Global Offensiveとは?

”テロリストVS対テロ特殊部隊”をテーマに、一人称(FPS)モードのチーム型対戦ゲーム。

プレイヤーは特殊部隊または、テロリストのどちらかのチームを選択。

サーバーの設定で、チーム自動選択も導入されているものもあれば、カスタムMAPなど様々なサーバーが多数あり、FPS初心者でもBOT戦でAIM(標準合わせ)練習などができるのが嬉しいです。

ゲーム性としては、対人戦のみだけを目的としてではなく、幅広くプレイヤーにFPSを楽しんでもらえる様なつくりになっていると思います。もちろん初心者でもMAPの選択や、フレンドとチームを組んで対人戦に挑戦する!などの、楽しみもあります。

歴代CSシリーズプレイヤーも多ければ、やはりeスポーツやゲーム配信を見て、購入される方も多いです。特にSteamでは、多々セールでの値下がりもあり、2012年8月21日のリリースからユーザーが増え続けています。

■Counter-Strike: Global OffensiveのMAPや戦法など

対人戦ともあって、やはり戦法が型通りにいかないのがCS:Go。BOTも、かなりのAIM難易度があります。テロリスト側はC4(爆弾)を、指定場所に設置し起爆させるのが目的。対テロ側はテロリストの侵略と、C4設置を阻止、又は起爆するまでの一定の時間内に爆弾解除をします。

チーム戦なので、フレンドと対策を練りつつ戦略を考えたり、マルチマッチングでもある程度プレイ時間をしている人は、戦略も知り尽くしています。基本的にはC4を起爆させるか、させないかのゲームです。とてもシンプルだけど、これがまた難しい。対人の動きが慣れていないとAIM負けしたり、MAPがわかってないと迷ってしまいタイムアウト。

初めの起動時に、チュートリアルやカスタムサーバーのBOT戦でMAPや仕様を覚えるのも大事ですね。ある程度プレイをしていると、スキンを取得したり、課金でも入手できるアイテムもあるので、ゲームにハマってきたら楽しみも増えますよね!

▼公式MAPは8つ

● Dust2
● Inferno
● Nuke
● Train
● Mirage
● Cache
● Cobbllestone
● Overpass

MAP内のC4設置場所、だいたいの道を覚えておくとかなり有利になります。テロリストは解除されないよう、C4から離れず対テロの解除を阻止する安置場所。対テロは、C4を設置にくるテロリストを索敵しながら、設置後の解除を安全な状態ですること。

スタート時は、マネーシステムにより、使える武器も限られています。ラウンドを進めていく中で、マネーをどのように遣うかを考えつつ次のラウンドに挑みます。もちろん両チームその様な感じで武器・装備を整えてくるので、序盤は武器を最安値でラウンド毎に強化するのもオススメ。

■Counter-Strike: Global Offensiveの大会や優勝者

最新の大会は《ESL One Cologne 2018》なんと賞金総額30万ドル!!日本円で約3千万。賞金総額の高さでも有名なCs:Goですね!今回はESL主催でドイツでの開催となります。

海外の(惜しくも日本は参戦してません)最強プロゲーマーチームが出場するので、公式配信などで盛り上がれること間違いないでしょう!今回の大会には出場していませんが、日本のゲームチームSCARZ Absoluteにも目が離せません!世界最強チームを相手に大会で好成績を残すなどなど。

こちらが最新のCS:go東アジア予選代表者、SCARZチームメンバーの大会情報になります↓

こちらもかなり熱い戦いになりそうです!最強プロゲーマーの大会、今から待ち遠しいほど興奮しますね!

 


Leave a Reply

Your email address will not be published.