Tom Clancy`s Rainbow Six Siegeジャパンリーグ間近!

Tom Clancy`s Rainbow Six Siege(以下R6S)。このゲーム、UBISOFTという会社から発売されているのですが、PS4・Xbox One・PC版とかなり高評価のFPSゲーム。R6Sが大会を開催しているのは把握していたのですが、まさかeスポーツ種目競技だとは・・・。

「近況eスポーツの大会が無いか?」と情報を探しましたが、残念ながら近日ではeスポーツからの大会は発信されないようです。過去の大会も調べたところ、スポンサーが大手でこれはかなりの注目度なのだろうな、と頷けるゲームです。

老若男女関係なく、プレイヤースキルを重視のこのゲーム。近々ジャパンリーグが開催されるので、少しゲームをご説明しますね!

■Tom Clancy`s Rainbow Six Siegeの説明

こちらのゲーム、対人戦が注目されているのですが、実はBOT戦もあります。ユーザーファンからは「R6S」「虹6」などの略称で親しまれているのも、知名度の高さが伺えますね!

もちろん「初めてプレイする」方にも、安心のチュートリアル的なシングルモードから、マルチモード、フレンドとチームを組んで遊ぶなど多彩なプレイの仕方が備わっています。基本はオペレーター(キャラクター)を選択する前に、防衛側・攻撃側の2つのどちらかを選択。どちらを選ぶかによって、オペレーターの特性を見極めつつプレイをスタート。

ゲームのプレイモードは3つ。

●人質
●エリア確保
●爆弾

残念ながらゲーム本体は快適と言っていいほど、軽い動作なのですが、ゲームを管理するUPlayというソフトが重い(PC版)。R6Sはかなりアプデが多く、運営の管理もしっかりとしているので仕方のないことだけれど、これだけはなんとかして欲しいです・・・。

話が逸れてしまいましたが、防衛側はモードによりやらなくてはいけないミッションがあります。それは攻撃側も同じです。レベリングもあるので、レベルをある程度上げて、各どちらが自分に合うかを知るのもいいですね。基本的にはレベルは低くても戦闘プレイはできます。
プレイで得られる「名声」で、オペレーターやアタッチメントのアンロックが可能なので、念頭に入れつつ戦闘準備をするのをオススメします!!

■Tom Clancy`s Rainbow Six Siegeオペレーターや戦法など

このゲームにおいて、最強と呼べるオペレーターは個人のプレイヤースキル(PS)でかなり違いがでると思います。タンカー役として、攻撃側のアタッカーを前線で守る役割が好きだ!と言う人もいれば、とにかくキルをとる、それがアタッカーだ!と言う人もいます。防御側も同じ様に、やるべきミッションにおいて、やはりミッションに合わせやすいオペレーターを選択してくるでしょうし、一概にこれが!と呼べるものはありません。

▼オススメオペレーター紹介

攻撃系↓
●SLEDGE スレッジ
THATCHER サッチャー
●ASH アッシュ
●IQ アイキュー
●TWITCH ツイッチ
●FUZE フューズ
●CAPITAO カピタオ
●JACKAL ジャッカル
●BLITZ ブリッツ

防御系↓
●ROOK ルーク
●DOC ドク
●JAGER イェガー
●PULSE パルス
●KAPKAN カプカン
●FROST フロスト

上記がオペレーターの特性を活かしつつ、初心者に向いてる仕分けになっています。初心者の方は最初、攻撃系でスキルや敵の動き、ミッション、MAPなどを覚えることをオススメします!

Tom Clancy`s Rainbow Six Siegeの有志wikiなどもあるので、下調べしたり読んでるだけでプレイしたくなるゲームですね。国の特殊部隊によって手の込んだオペレーターたちの造りにビックリします。もちろん日本の特殊部隊もいます!(ECHO エコー・HIBANA ヒバナ)。個人的にはHIBANAは使いやすくキャラメイクも可愛いです。

この他にも各国の特殊部隊オペレーターが多数います。DLCで解放したり、ゲーム内マネーで解放したり。この辺はとてもユーザーには好評なのでは?。最初は「新兵」スタートで、MAPを覚えたり、他の方の各オペレーターの動きやスキルの使用の仕方などを見てみるのもアリです!

■Tom Clancy`s Rainbow Six Siegeの大会や優勝者

R6Sの大会は結構な頻度で開催されているようです。色々なゲーミングブランドが主催だったり、プロリーグなども数々開催されています。最近では有名なゲーミングブランド「玄人志向杯」などもありましたね。来月には2018年8月11日にあのSamsung主催で、ジャパンリーグ大会が予定されています。こちらはオンライン大会ですが、白熱しそうな予感!!

R6S好きにはたまらない!楽しみですね!

R6Sといえば「野良連合」チームが知名度として高いのですが、ジャパンリーグ大会に参加予定です。かなりハイレベルな戦いが見れるのではないでしょうか!日本だけではなく、R6Sは各国で大会があるので、それをオンラインで見るのも楽しいですね。

 

今後の日本選手にも要注目です!頑張ってほしいですね!

 


Leave a Reply

Your email address will not be published.