eスポーツ種目ストリートファイターとは?日本国内のゲーム賞金額は?(※動画あり)

数年前から少しずつ人気が高まってきているeスポーツ。本当の言い方は「エレクトロニック・スポーツ」と言い、複数のプレイヤーで対戦されるコンピューターゲームをスポーツ競技とする事です。

日本国内ではここ2.3年で知名度が高まりましたが、実際海外、特に欧米では1990年代後半から高額な賞金がかけられた世界規模の大会なども開催されていました。

また全世界での競技人口は2013年にはなんと5500万人を超えていると計算されておりました。この5500万人という数字だとちょっとピンとこないかもしれませんが、野球の世界の競技人口は3000万と言われており、約1.7倍もの人がeスポーツにハマっているという事です。

こう聞くと凄まじいものがありますね。

さて、今回はそんなeスポーツの中でも日本人も馴染み深い「ストリートファイターシリーズ」の「ストリートファイターV アーケードエディション」をご紹介させていただきます。

■ストリートファイターV アーケードエディションの説明

ストリートファイターVは発売されてから様々なコンテンツが配信追加され、進化し続けるストリートファイターVと言われております。

一番最近にリニューアルされたのがストリートファイターVアーケードエディション。

2018年1月17日に大幅リニューアルされ、様々な機能が追加されたバージョンとなります。

まずゲーム画面のデザインや演出がリニューアルされ、ゴールドとブラックをメインにおきゴージャスな感じが演出されています。

また、昔ながらのCPUを相手に勝ち進めていく1人用のアーケードモードが実装されたのが今回の目玉ではないでしょうか。

ストリートファイター初代からⅤまでの過去作を体験する事も可能という事で非常に良いバージョンアップと言われています。

世界は勿論、日本国内でもeスポーツの公式種目として登録されているストリートファイターVアーケードエディションですが、実際にどんなキャラクターが強いのか、前回大会覇者なども詳しく見て行きましょう。

■ストリートファイターVアーケードエディションの最強キャラ

やはりどんなゲームにも最強キャラや最強の戦法なんかが存在しています。それは人間でも一緒でサッカーでも野球でもプロの中でも格付けされるように、ゲームの中でも格付けされます。

使い手によるんじゃない?と思われるかもしれませんが、半分正解で半分不正解ですね。

使い手によって強さは変わりますが、同じ使い手が使うと強いキャラと弱いキャラが出てくるという事は使いやすいキャラ(元々強い)使いにくいキャラ(元々弱い)というのが出てくるという事なんですね。

では前置きは置いておいて、ストリートファイターVアーケードエディションの最強キャラをご紹介していきましょう!

海外で有名な選手でもあるXian氏がツイッターでこう評価していました

強いキャラから上に記載されているようです。

画像だけだと実際にわかりにくいので、キャラの名前でランキングを掲載したいと思います!

1位からずらーっと下に記載していきます!

1位   ガイル
2位   ラシード
3位   メナト
4位   アビゲイル
5位   キャミィ
6位   豪鬼
7位   ユリアン
8位   コーリン
9位   バーディー
10位  バイソン
11位  春麗
12位  ミカ
13位  ネカリ
14位  かりん
15位  ララ
16位  いぶき
17位  ベガ
18位  ダルシム
19位  ザンギエフ
20位  是空
21位  ブランカ
22位  エド
23位  リュウ
24位  さくら
25位  ケン
26位  ナッシュ
27位  ファン
28位  ジュリ
29位  アレックス
30位  バルログ

このような順位になっているようです。

ただそのビジュアルから使われているキャラで一番多いのは5位のキャミィのようですね。

■ストリートファイターVアーケードエディションの大会や優勝者

日本国内でもプロライセンスが発行され、初のトーナメントマッチとして実施されたのが「ストリートファイターV アーケードエディション 闘会議GP大会」。

2018年2月10日~11日にかけて、千葉・幕張メッセにて開催されました。

ここでは予選から本選までトーナメント形式で行われ優勝を争いました。

ちなみに賞金額は

優勝賞金200万円
準優勝100万円
3位 50万円
4位 20万円

で金額もかなり大きくなっており日本国内でもeスポーツが認知されてきた証拠でもありますね。

そして実際に行われた大会で見事初代優勝を飾ったのが「板橋ザンギエフ」さんでした。

実際の決勝戦の動画がこちら↓

闘会議2018!スト5AE決勝大会!グランドファイナル!ガチくん対板橋ザンギエフ コメ付き

2022年のアジア球技大会でeスポーツがメダル種目に抜擢されている事から更なる注目を浴び、躍進が期待されているeスポーツ。

今後も目が離せませんね!日本国内でももっと流行ってくれると嬉しい!


Leave a Reply

Your email address will not be published.